13歳下ドイツ人彼がいます

34歳と21歳&国際恋愛の普通の日記です。ドイツ情報も♪

こんなに落ちたのか

でき立てホヤホヤの
彼が受けたある試験の全体の結果票が
さっき送られてきました。(@_@)



票の見方は
縦が人数
横が点数


ドイツの大学の点数のつけ方は
良いほうから


1,0 = 90%以上
1,3 = 90%
1,7 = 85%
2,0 = 80%
2,3 = 75%
2,7 = 70%
3,0 = 65%
3,3 = 60%
3,7 = 65%
4,0 = 50%
5,0 = 不合格


となっています。


ということは((゚m゚;)


90人(全体の28%)が不合格
ギリギリ(50%)が40人
これだけで半分近く・・?


平均点数が3,53ということは
60%も満たしていないということですね。


2回同じ試験に落ちたら
学科を変えるか別の州の大学に入学しなおすか
またはやめるか
の3択なので、大学の厳しさを物語っているかと思います。



・・と私の場合(文系)はそうだったのですが
彼は理系で
2回同じ試験に落ちた後に
口頭試験という最後のチャンスが残っているそうです。


これが入学は簡単だが
卒業が難しい実態のひとつですね。


試験に受からない(*_*)
・・・ことも多いということ。



ちなみにマリウス的には
この試験はそこまで難しくなかったそうで
こんな人数が落ちたのにびっくりして
送ってきたんだそうです(;^_^A


人によって得意な科目と
不得意な科目、ばらつきがあるみたいですね。(^~^)

アウトバーンのカメラ

制限速度がないというイメージが大きい
ドイツのアウトバーン(高速道路)。


実際はほとんどのところで制限速度はあるんです。


230キロとかですけど(  ゚ ▽ ゚ ;)


近年は、難民宿泊所の近くのアウトバーンで
制限速度が70キロに変更されていたのも見たことがある。


異文化から来た子供などが土地勘もなく
万が一飛び出すのを守るためだ。


しかし、都市から都市への比較的大きいアウトバーンでは
相当ぶっ飛ばしている車が多いです。


ドイツは日本と反対で右側走行なのですが
3車線のアウトバーンでは
一番左の車線を走る車は200キロとか普通に超えているのも多い。
真ん中の車線は130キロぐらい
右は大概が運送トラックや大型トラックで占められています。



ついさっき、スピード違反の取り締まり強化のために
ドイツが取り入れた新しい防犯カメラのつけ方の記事を読んで
私はすごく効果的だなと感心しました。


今までは速度違反装置がたくさん設置されていて
通り過ぎる車をカメラが察知し、記録するというものでしたが
そんなん人間のすること、カメラのあるところだけノロノロ走行して
その前後はまたスピードを出すに決まっている。


新しい取り締まり方は


アウトバーンの入り口と出口に防犯カメラをつけ
どちらにもナンバープレートを記録させる。
するとどのぐらいの距離を、何時に入って何時に出たのかがわかる。


そして距離に対しての平均速度で取り締まるというもの。


もちろん前の車を抜かすときなど
一瞬制限速度を超えたりするでしょう。


しかし、アウトバーン全体で
制限速度以内での走行が義務化されるということ。


まあパーキングエリアとかにいる時間も含まれるのかもしれないし
問題がないでもないと思いますが。


でも、早く目的地に着こうと爆走する車が
パーキングエリアで時間をつぶすとは考えにくいので
平均速度を測るのは効果的なんでないかな?
私はすごく賢い方法やと思った。
交通事故は本当にやるせないですからね。


のに。



一部のドイツ国民は顔を真っ赤にして大反対しているのだそうです(*´ω`*)
ナンバープレートを撮られることに対し「権力行使や!!!!」とまで言っている人も。


ななな、なんで
ナンバープレートの写真とる行為が権力行使やねんな(*_*)


しかも大きいアウトバーンでは
日本に比べてかなり寛容な制限速度が設けられている。
アンタら、なんしてそんな速く走りたいん・・・。


私の友達はほとんど大学で知り合っていますが
きっと世の中のドイツ人のイメージそのもので
かなり合理的で論理的で、議論好き。
非論理的な言いっぱなしの主張を嫌います。


私もこの防犯カメラの設置に反対する人々
理解できひんわ・・・。
この方法素晴らしく合理的ですやん・・・。
マリウスも、反対する人に対して憤慨している(  ゚ ▽ ゚ ;)


今週日曜日にある連邦議会選挙
極右のAfDがどのぐらい票をとるか見ものですね(*´ω`*)

約50年前のJeep

夕方、普通に仲良く買い物に行く途中で
住宅街の普通の駐車場に
こんなんが出現しててびっくりしました www






えええええ
これ、売ってるん!!


しかも住宅街のど真ん中で???(  ゚ ▽ ゚ ;)




張り紙には
電話番号しか書いていなく、値段は不明。
個人交渉って感じなんでしょうか?


この車は1969年に製造されたんだそうです。(@_@)
しかもこのカイザージープという車種は第二次世界大戦中から
製造されていたらしい。


50年以上も前のくるま・・・


動くの??


ナンバープレートは現在のものだから
走行許可はでているはず。


普通、車って寿命10~15年ぐらいですよね?


100歩譲って動くんやろうけど
めっちゃ燃費わるいやろうな・・(笑)


きっと誰かに大事に大事に
メンテナンスされてここまで来た車なんだろうな。


彼、マリウスの予想は
100万円ぐらいちゃう?
とのことでした。(根拠なし)


お金があればほしいらしい・・・
まじ?いる? σ(^_^;)


ちなみに私は全く理解できないのですが
もっとほしいのは戦車らしい・・・
20歳前後の男子って戦車とか欲しがるもんなの?笑


戦車や潜水艦がほしい、と本気でいうマリウス。
もう100回ぐらい聞きましたが


今日も、この車を見た後に


「戦車のほうがもっとかっこエエと思う。
この道路を現代の車に交じって戦車で走りたい」


というので
いつもは関西人の反射でつっこんでいましたが
今回は論理的に攻めてみましたσ(^_^;)



「アンタもしも現代の今、道路走ってる戦車を目撃して
その運転席に乗ってる人をどう感じる?
わー!戦車持ってる!なんて素敵!!てなるわけ?
それともアホの究極やコイツ、と思うわけ?」


と真面目に返してみた。( ̄▽ ̄)


・・両方らしいですw


ちなみにマリウスはカチカチの理系なので
戦争の乗り物が好きなのではなく
そこに使われている科学技術に感動するんだそうです(´∀`)


また後日、売れたかどうか見に行こうと思います(笑)